動脈硬化を予防する!
血管の健康と良い生活習慣が
わかる情報サイト。

運営:一般社団法人動脈硬化予防啓発センター
血管健康くらぶHOME > タイプ別血管しなやか生活 > 上手にお酒

上手にお酒

こんな方におすすめ
アルコールが大好き
付き合いで酒を飲む機会が多い
自他ともに認める宴会部長だ

お酒はほどほどなら良い効果
ビール1本、水割り2杯程度に

適量のアルコールは、「悪玉コレステロール」を減らし、動脈硬化予防に効果があるといわれています。ただし、飲みすぎると、高血圧や肝臓の中性脂肪を増やす原因になります。

適量の飲酒は、心臓や血管の病気によるリスクを下げます。上記は日本で40~79歳の男女約11万人を9~11年間調査した結果。
(Lin Y et al. Ann Epidemiol,2005)

一日のアルコール摂取量は、25g以下が目安です。下表は、アルコールの濃度から量を計算した表。ビールなら大瓶1本、ウィスキーなら水割りでもロックでも2杯くらいが適量です。

なお、お酒の中でも赤ワインのポリフェノールには「抗酸化作用」があり、動脈硬化予防に効果があるといわれています。血液中の悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が、酸化されるのを抑制します(動脈硬化の詳しいメカニズムはこちら)。もちろん、飲み過ぎは良くないので適量は守ってください。

1日に飲んで良い酒量の目安(アルコール25g)

お酒の種類 1日に飲む適量
赤ワイン 260ml
白ワイン 270ml
ロゼワイン 290ml
日本酒 200ml
ビール 675ml
焼酎 120ml
ウィスキー 70ml
ブランデー 70ml

おつまみにも気を付けて

お酒を飲んでいると、唐揚げやいかの塩辛など、油や塩分の多いものを食べたくなります。アルコールの量だけでなく、おつまみにも気を付けなければいけません。揚げ物より、焼鳥やローストビーフなど、焼いたおつまみは、脂質やカロリーが低く、おすすめです。同じく、マヨネーズを使ったポテトサラダなどより定番の枝豆を、魚ならフライよりお刺身をつまむと良いでしょう。ワインに良く合うチーズは高脂質・高カロリーなので、食べ過ぎないようオリーブやピクルスを合わせていただくのが◎。

facebookでイイネ! twitterでつぶやく LINEに送る

その他の血管しなやか生活はこちら

トピックス 一覧はこちら

いますぐ無料相談

トピックス 一覧はこちら

新着情報 一覧はこちら