動脈硬化を予防する!
血管の健康と良い生活習慣が
わかる情報サイト。

運営:一般社団法人動脈硬化予防啓発センター
血管健康くらぶHOME > 血管なんでも相談室 > 食生活 > パンとご飯、血糖値が上がりやすいのは?

血管なんでも相談室

パンとご飯、血糖値が上がりやすいのは?

パンとご飯では、どちらが血糖値が上がりやすいですか?また、血糖値を上げない食べ方があれば、教えてください。(30代、女性)

血糖値は、食事で摂取した炭水化物(糖質)が体内で分解されブドウ糖となり、血液を通って肝臓へ運ばれるときに上昇します。血糖値の上昇のスピードは糖質の量ではなく、食物繊維の量によって左右されることがわかってきています。血糖値は、糖質、炭水化物、脂質の順に上がりやすく、その吸収率は食材の精製度によっても異なるといわれています。たとえば、米と米粉の場合、米粉のほうが吸収されやすいため、食後の血糖値ははやく上がります。 ご飯とパンを比べると、パンの方が消化・吸収の速度がはやいため、血糖値が上がりやすいといえます。 血糖値の上がり方を緩やかにする食べ方としては、規則正しい時間に食事をとるようにすること、食物繊維を多く含む野菜、豆類、海藻類などから食べ始めること、精製度の低い食材を選ぶようにすることなどがおすすめです。

いますぐ無料相談

< 前の質問  |  
食生活の一覧へ戻る  |  
次の質問 >

カテゴリから過去のQ&Aを見る

新着情報 一覧はこちら

あなたはどのタイプ?詳細はこちら! あなたはどのタイプ?詳細はこちら!