動脈硬化を予防する!
血管の健康と良い生活習慣が
わかる情報サイト。

運営:一般社団法人動脈硬化予防啓発センター
血管健康くらぶHOME > 血管なんでも相談室 > 食生活 > ストレスと動脈硬化は関係あるの?

血管なんでも相談室

ストレスと動脈硬化は関係あるの?

血圧とコレステロールが高めです。主治医の先生からは、「ストレスをためないように」といわれましたが、ストレスはコレステロールとどんな関係があるのですか?(50代、男性)

ストレスは心身のバランスを崩し、生活習慣病のリスクを高めることが知られています。ストレスを受けると、副腎から副腎皮質ホルモンが大量に分泌されます。このホルモンが、中性脂肪の合成を促進したり、血圧や血糖値を上昇させ、動脈硬化の危険性を高めます。ストレス解消には、原因を取り除くことが一番ですが、仕事上や人間関係上の問題など、簡単に原因解決ができないことも多いと思います。ストレスを受けたら、ため込まず、早めに気分をリラックスさせることが大切です。
ストレス解消のために、お酒を飲んだり、甘いものを食べるという人も多いと思いますが、お酒やお菓子の過剰摂取は、中性脂肪やLDLコレステロールの上昇を招きますので、お勧めできません。趣味を楽しんだり、体を動かすなど、自分なりの気分転換の方法を見つけるようにしましょう。

いますぐ無料相談

< 前の質問  |  
食生活の一覧へ戻る  |  
次の質問 >

カテゴリから過去のQ&Aを見る

新着情報 一覧はこちら

あなたはどのタイプ?詳細はこちら! あなたはどのタイプ?詳細はこちら!