動脈硬化を予防する!
血管の健康と良い生活習慣が
わかる情報サイト。

運営:一般社団法人動脈硬化予防啓発センター
血管健康くらぶHOME > 血管なんでも相談室 > 健康診断 > 脂質異常症は遺伝する?

血管なんでも相談室

脂質異常症は遺伝する?

主人はまだ30代ですが、健康診断ではいつもLDLコレステロールが高いといわれています。本人は「忙しくて食生活が乱れているから」といっているのですが、主人の父親も脂質異常症のため、遺伝性のものではないかと心配しています。(30代、女性)

遺伝による脂質異常症(原発性高脂血症)のうち、「家族性高コレステロール血症」は頻度も高く、動脈硬化を起こしやすいことから注意が必要です。これは、肝臓にコレステロールを取り込む働きをするLDL受容体が正常に働かず、血液中のLDLコレステロールが増えてしまう病気で、両親の両方からコレステロール代謝異常の遺伝子を受け継いだ「ホモ接合体タイプ」と、両親の一方から異常な遺伝子を受け継いだ「ヘテロ接合体タイプ」があります。前者はきわめて稀ですが、後者は200~250人に1人の割合で発症するといわれています。
家族性高コレステロール血症の場合、LDLコレステロールを目標値(100mg/dL)以下にコントロールしないと、若くても心筋梗塞などを起こす危険性があります。
家族に脂質異常症の人が多い場合は、念のため病院を受診して、きちんと検査を受けることが大切です。受診時には、家族歴を医師に伝えるようにしましょう。
また、遺伝性の脂質異常症でなくても、家族であれば、食生活などの同じ生活環境が影響していることが考えられますので、家族そろって食事を見直す機会にするとよいでしょう。

いますぐ無料相談

< 前の質問  |  
健康診断の一覧へ戻る  |  
次の質問 >

カテゴリから過去のQ&Aを見る

新着情報 一覧はこちら

あなたはどのタイプ?詳細はこちら! あなたはどのタイプ?詳細はこちら!