動脈硬化を予防する!
血管の健康と良い生活習慣が
わかる情報サイト。

運営:一般社団法人動脈硬化予防啓発センター/公益財団法人 日本心臓財団
血管健康くらぶHOME > 血管なんでも相談室 > 食生活 > トランス脂肪酸はなぜ身体に悪いのか

血管なんでも相談室

トランス脂肪酸はなぜ身体に悪いのか

マーガリンは「トランス脂肪酸」を含むのでバターのほうが健康にいいと、友人に言われました。植物性油のほうが健康的なイメージがありますが、本当ですか?

トランス脂肪酸が最近問題となっています。アメリカやヨーロッパではトランス脂肪酸を制限する政策がとられています。トランス脂肪酸は実はほとんどが人工的に作られたものです。植物油で作ったマーガリンをバターに似たように硬くするための硬化油を用いています。これがトランス脂肪酸です。最近は、あまり固いマーガリンはありませんが私どもが子供のころのマーガリンは固いものでした。その後、トランス脂肪酸が体に悪いことがわかり、徐々に少なくなっているのが現状だと思います。しかし、それでもクッキーやポップコーンなどには多く含まれていることはわかっていますので注意が必要です。つまり、植物性脂肪が悪いのではなく、添加されたトランス脂肪酸が問題なのです。何れにしても油についてはカロリーを考えて、適度に摂取することが大切です。

いますぐ無料相談
facebookでイイネ! twitterでつぶやく LINEに送る

< 前の質問  |  
食生活の一覧へ戻る  |  
次の質問 >

過去の質問と回答を見る

トピックス 一覧はこちら

あなたはどのタイプ?詳細はこちら!

トピックス 一覧はこちら

新着情報 一覧はこちら