動脈硬化を予防する!
血管の健康と良い生活習慣が
わかる情報サイト。

運営:一般社団法人動脈硬化予防啓発センター
血管健康くらぶHOME > 血管なんでも相談室 > 健康診断 > コレステロールと中性脂肪の違い

血管なんでも相談室

コレステロールと中性脂肪の違い

健康診断で医師に生活習慣を改善するよう注意を受けました。「コレステロール」と「中性脂肪」について説明されたのですが、よくわかりません。2つはどのように違うのでしょうか?

コレステロールも中性脂肪も脂質と呼ばれる物質の一種です。水と仲が悪いという性質は同じですが、役割が全く異なります。コレステロールは、細胞膜の構成成分であり、ステロイドホルモンや性ホルモンの原料ともなりますが、多すぎると動脈硬化の原因ともなります。一方、中性脂肪はエネルギーの貯蔵庫のようなもので、分解してエネルギー源ともなります。ですので、多すぎると皮下脂肪や腹部脂肪、肝臓にたまり脂肪肝にもなります。動脈硬化にとってはそれ自体が血管にたまるのではないのですが、コレステロールが動脈にたまりやすくするという性質もあるため、あまり高くならにようにした方がいいということです。

いますぐ無料相談
facebookでイイネ! twitterでつぶやく LINEに送る

< 前の質問  |  
健康診断の一覧へ戻る  |  
次の質問 >

カテゴリから過去のQ&Aを見る

トピックス 一覧はこちら

あなたはどのタイプ?詳細はこちら!

トピックス 一覧はこちら

新着情報 一覧はこちら