動脈硬化を予防する!
血管の健康と良い生活習慣が
わかる情報サイト。

運営:一般社団法人動脈硬化予防啓発センター
血管健康くらぶHOME > 健康情報 > インタビュー > 大切な心臓を守るためには、 生活習慣を見直し、血管をきれいに保つことが大切

健康情報

専門医からのアドバイス
東京医科大学 名誉教授
山科 章 先生(やましな・あきら)

動脈硬化ともっとも関連の深い病気のひとつである心臓病。わが国の死亡原因でも、がんに次いで2位と上位を占めています。今回は、心不全をはじめとする心臓病の診断・治療の第一人者である東京医科大学の山科章先生に、動脈硬化が心臓におよぼす影響、心臓の病気とその予防法についてうかがいました。

Q1.動脈硬化とは何か、なぜ怖いのかについて教えてください。

dryamasina.png動脈硬化とは、全身の動脈にみられる"老化現象"といえます。血管の壁が厚く、硬く、弾力を失い、しかももろくなっていきます。「人は血管とともに老いる」といわれるように、動脈硬化は生まれたときから始まっており、年齢とともに進行していきますが、高血圧や糖尿病、脂質異常症、喫煙習慣などの促進因子があると、動脈硬化はいっそう早く進行します。放置したままでいると、やがて心臓や脳、腎臓などの重要な臓器が障害されてしまいます。

心臓病や脳卒中といった動脈硬化性疾患は、がんに次いで、日本人の死亡原因の上位を占めています。そうした病気が直接の死因にならなかった場合でも、亡くなったときに動脈硬化がかなり進行しているケースも珍しくありません。

もし、検査でがんが見つかったら、皆さんはどうされるでしょう。手術で取り除こうとしたり、抗がん剤や放射線照射など、さまざまな方法で悪いところ(がん)を治療しようとするのではないでしょうか。しかし、動脈硬化は「誰にでもあるから」と、それほど問題にされていないのが現実です。いつのまにか進行し、深刻な臓器障害を起こして初めて、ことの重大さに気づかされるのです。心臓病や脳卒中は、命を脅かすばかりか、長年つらい症状に苦しんだり、寝たきりの原因となるなど、生活の質(Quality of Life:QOL)を大きく低下させます。認知症とならんで、健康寿命を阻害する最大の原因になるのです。健康で長生きするためには、がんと同じように、動脈硬化も早期に進行具合を確認し、対策を立てることが大切なのです。

Q.2.動脈硬化が原因で起こる心臓病には、どのようなものがありますか?

心臓は筋肉のかたまりで、収縮と拡張を繰り返すためには、冠動脈という血管から絶えず栄養や酸素が送り込まれる必要があります。その冠動脈に動脈硬化が起こると、心臓の筋肉(心筋)に十分な血液が行き渡らなくなり、心筋は酸欠状態に陥って、機能が低下し、さらに進めば細胞が壊死(えし)してしまいます。このように、冠動脈の動脈硬化が原因で起こる心臓病には、心筋の一時的な酸欠状態である「狭心症」、血液が完全に流れなくなり、心筋細胞が壊死してしまう「心筋梗塞」があります。

一方で、全身の動脈硬化が原因で、心臓に影響が出ることもあります。心臓が血液を押し出す先の大動脈や動脈が硬くなって、伸び縮みが悪くなると、心臓は強い力で血液を押し出さなければなりません。高血圧があると、さらに大きな力が必要になります。これを繰り返してかいると、心筋が肥大化していきます。これが「心肥大」です。しかし、この状態を続けていると、心筋は慢性疲労の状態になり、さらに心臓自身への血流が悪くなることに追いうちをかけ、ついにはへばって、正常な心臓機能が失われ、全身に十分な血液を送ることができなくなります。こうした状態が「心不全」です。

これまで心不全は、心筋梗塞や心筋症などの病気によって、収縮機能が悪くなる「収縮不全」が多いと考えられていました。しかし、最近、高齢者や高血圧の患者さんでは、収縮は保たれたものの、拡張(ふくらみ)が悪くなる「拡張不全」タイプの心不全が多いことが分かってきました。動脈硬化が進み、肥大し、硬くなった心臓は、ふくらみにくく、十分な血液を取り込めなくなりますが、この段階ではまだ収縮機能は保たれているため、検査で見つかりにくいのが特徴です。

高齢者では、息切れなどの症状があっても「年のせいだから」と放置している方も少なくありませんが、こうした心不全も疑って、早めに受診していただきたいと思います。

Q3.心臓病を減らすために、どんなことに気をつけたらよいでしょうか?

救命救急や治療技術の進歩により、心筋梗塞による死亡率は減っています。しかし、心筋梗塞を起こす人の数は減っていません。というのも、心筋梗塞の危険因子、動脈硬化を進める原因である高血圧、糖尿病、脂質異常症、喫煙習慣、運動不足などについては、大きな改善がみられないからです。

近年、交通事故による死亡者数が大きく減少した背景には、飲酒運転、スピード違反の取り締まり、シートベルト着用義務などを徹底させるための、罰則の強化がありました。個人的には、本当に心筋梗塞の患者さんを減らすためには、何らかのペナルティが必要だと思っています。体重が増えた人、タバコを吸う人では保険料を高くし、病気になっても改善しない人には、医療費を上げてはどうかと思うくらいです。もっと真剣に生活習慣の改善に取り組み、危険因子を減らす努力をする人が増えれば、病気が減り、健康寿命が延びると思います。残念ながら、現在のところは何の制度も社会的な抑止力もありません。自分で意識して早期発見に努め、生活改善を行う以外に、心臓病から身を守る方法はないのです。

最後に、動脈硬化は"見えない"ことが一番の問題です。私はよく患者さんに「顔のしわや髪を気にするだけでなく、血管もきれいかどうか気にしてください」とお話ししています。見た目は繕うことができても、血管に化粧を施すことはできません。血管をきれいに保つためにも、「食べ物は成分表示を確認して、塩分やコレステロールの多いものは避ける」「タバコは吸わない」「運動する」など、動脈硬化を進めない努力が必要です。さらに、血圧や体重など"目に見える"指標をノートに記録して日々、自己管理を行い、気になることがあれば、迷わずかりつけ医に相談していただきたいと思います。

dryamashita2.png[心臓病]
山科 章(やましな・あきら)先生
東京医科大学 名誉教授
東京医科大学医学教育推進センター 特任教授
東京医科大学健診予防医学センター センター長
東京医科大学先進的心不全治療医学寄付講座 教授
東京医科大学動脈硬化性血管障害先制診療講座 教授

 


いますぐ無料相談

< 今日から身体を動かそう! 知っ得・納得 運動の効用〜第53回日本循環器病予防学会市民公開講座より〜  |  一覧へ戻る  |  日本人のライフステージにおける健康課題を考える ~ごはんを中心とした日本型食生活のすすめ~ >

カテゴリ

新着情報 一覧はこちら

あなたはどのタイプ?詳細はこちら! あなたはどのタイプ?詳細はこちら!
いますぐ無料相談